セミナー・関連商品多数掲載中! ヒカルランド公式通販サイト 宇宙寺子屋HIKARULANDPARK(ヒカルランドパーク)


ヒカルランドパーク無料会員登録

検索

セミナーカレンダー

メールマガジン

登録したいアドレスを
下記に入力して登録するだけ!

セミナールーム

FACEBOOK

GMOとくとくポイント

Twitterはじめました。

ヒカルランド

 
ヒカルランドパーク > ヒカルランドセミナー > 宇宙 > 宇宙銀行の扉を開くゆるゆる1dayセミナー 11/11

宇宙銀行の扉を開くゆるゆる1dayセミナー 11/11


ヒカルランドセミナー > 宇宙 > 宇宙銀行の扉を開くゆるゆる1dayセミナー 11/11


商品名 宇宙銀行の扉を開くゆるゆる1dayセミナー 11/11

商品ID S20191018-K1
オプション・個数をご選択ください
オプション
販売価格 5,000(税込)(内税円)
数量 [+] [-]
在庫数


宇宙銀行の扉を開くゆるゆる1dayセミナー


ゆるゆる瞑想の会、祈りの水で地球を浄化!

『200万人の祈りの水で
                   
美しい平和な星・地球を蘇らせる』

プロジェクトのお知らせです!



ゆるゆるなエネルギーが存在するという体験を初めてしました―――

ヒカルランドの石井です

カミさんに言われるがまま
よくわからない人と会いました

シャンタンさんです

いきなり会って
7時間もいっしょにいたのに
ぜんぜんつかれない
むしろもっともっといっしょに居たい

こんなこと人生で初めてです

はっきりいって
人見知り、人と会うのが苦手です

それにしても
このゆるやかな放射の光り
感じたことのないやわらかなパワー
これっていったいなんなのか

強いエネルギー
弱いエネルギー

があって
その種類もいろいろあるということが
ちょっとだけわかるようになったので
うれしいのです

それにしても
シャンタンさんのエネルギー
フシギすぎです

子供って夢見て笑ったりしてること
多いじゃないですか

自分はこれがうらやましくて
楽しい夢を見たい
夢で笑っていたい
という望みが強くあります

なぜって?

ひどい夢ばかり見るからです

シャンタンさんと会って
その夜の夢、笑ってました

ああ、楽しくて、楽しくて、仕方がない〜〜

次の日の夢も

ああ、楽しくて、楽しくて、仕方がない〜〜

と笑っていたのです

このエネルギー
シャンタンさんっていったい何者なのッ〜?

とにかく会うだけで
まるもうけの人です

スタッフに聞いたら
シャンタンさんですって〜〜
すごい〜〜

どんな形でもいいので
手伝わせてほしい〜〜
と絶叫してました

シャンタンさんは
人間パワースポットと呼ぶに
ふさわしい人

そして
そのエネルギーの質は
ほかにはないものです

そんな
シャンタンさん
今後はヒカルランドを中心に
さまざまなセッションを
やってくださることになりました

ゆるゆる瞑想の会atヒカルランドパークです


**************************************

シャンタンさん
                      
ゆるゆる瞑想の会で祈りの水で地球を浄化!

宇宙銀行の扉を開くゆるゆる1dayセミナー



講師:シャンタン

日時: 2019年11月11日(月)

   10:00〜16:00(延長の可能性あり)

   
開場9:30

場所: ヒカルランド本社7F、ヒカルランドパーク

http://hikarulandpark.jp/html/page5.html


特別特価 5,000円

定員: 30名



当日どのようなスケジュールになるのか
基本ノープランだそうです

★以下シャンタンさんから参加する方へのお願いです★

1)お肉以外の食事持ち寄り一品

2)マイ箸



そのまま会場で食事します。
シャンタンさんにたくさん質問・会話できる環境です。
食事は、参加者の皆さんで分け合って食べます。

 
ごはんもの、おかず、デザートなどお肉以外の
一品をお持ちください。


量は適当で、
手作りでも買った物でも何でもOKです。

【お弁当箱の蓋をお皿代わり】にして食べます。

気になる方はご自身のお皿をお持ちください。


**************************************


シャンタンさんのブログより

【ゆるゆる瞑想は古い社会の舞台を降りて、
楽屋に帰ってきたひとたちのためにあります】

みろくの世とはどんな世なんだろうか。
 
それは。
 
ひとりひとりがありのままの自分として
生きていて、
そのユニークな個性が有機的に
立体マンダラの様に調和し、
融合している世界ではないだろうか。
 
ぼくたちが生まれ出たこの古い社会では、
特に日本では、
ひとりずつの個性は認められていない。
 
ひとつの価値観のもと、
社会はつくられているので、
自分を偽ることができずに、
ありのままの自分を生きている人は
ひどく非難されることになる。
 
そういうひとが引きこもりやニートと
よばれていったのだろう。
 
そういうひとはある意味早くめざめて、
瞑想やスピリチュアルな世界へはいっていった。
 
もうひとつのタイプのひとは社会の価値観にあわせて
自分をいつわって演技をしたひと達だ。
 
そのタイプのひとたちは偽りの仮面の下に
自分を隠して、社会に適合して生きてきた。
 
最近ぼくのワークショップに来る人に
このタイプのひとが増えてきた。
 
このタイプのひとは演技をしすぎて、
自分の顔が仮面なのか素顔なのわからなくなっている。
 
ゆるゆる瞑想は古い社会の舞台から、
楽屋に帰ってきたひとたちのためにあります。
 
ドーランを落とし、
舞台衣装をぬぎすてて、
自分自身に返って
いくひとのために。


【ゆるゆる瞑想を、通して悟りを体験していただきます。】

これからわたしたちは、
からだをもったまま
次の次元に行きます。
 
個人としての
あなたは解け、
全体とひとつに
なるのです。
 
私たち日本人が
悟るためには
丹田に
おりることが早道です。
 
今こそ、
ゆるゆるした意識の中で
もっと、
もっと
自分の内側に
入っていき
丹田に入り
【自分の底の底】から 
【自分自身やすべてを観る】ことです。
 

丹田こそが
ぼくたちの
生まれもった中心です。
 
丹田の中に
すべて意識と
エネルギーが
入ったとき、
宇宙の中心とつながります。
 
それが悟りです。
 

ただ、
いまここを
トータルに生きる、
生き切ることしかありません。
 
それが、
日本語の只今、ただいま、
という言葉です。
 
そして、
これこそが、
このときこそが
大きな覚醒のチャンスです。
 

ゆるゆる瞑想は、
ぼくの身体を通して思い出した方法です。
古代、縄文時代、まだ人びとが素朴で純粋な時代、
共同体の中で
病気なおしや、健康のために集まって、
お互いのエネルギーをまわし合って
ひとりでは取り切れない疲れや、
からだの毒を流し取っていきました。
ただ、ゆるやかに丹田をまわす、
誰にでもできるからだの運動を通して
丹田がスペースになり光になり 、
ゆるやかな空間になった時・・・
人はリラックスして、丹田の中に
やすらぐことができます。
ただ、ひたすらくつろぐ。
それは自分自身の中に深く入っていくことであり、
みずからのいのちのみなもと、
丹田にやすらぐことです。
 
それは静かな至福そのものであり、
これ以上の喜びはありません。
そして、そこにいる人すべてと、輪、和、わに なり、
エネルギーがひとつになります。
このゆるゆる瞑想を、通して悟りを体験していただきます。

 

ご入金後のキャンセルにつきましては、
ご返金はいたしかねますので、予めご了承ください。
代わりの方がご参加いただくことは可能です。
その際は必ずご連絡ください。
災害や主催者側の都合によって、イベントが中止になった場合、
受講料はご返金いたします。
お問い合わせ:info@hikarulandpark.jp
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません

ヒカルランドセミナー > 宇宙 > 宇宙銀行の扉を開くゆるゆる1dayセミナー 11/11


ページ上部へ