セミナー・関連商品多数掲載中! ヒカルランド公式通販サイト 宇宙寺子屋HIKARULANDPARK(ヒカルランドパーク)


ヒカルランドパーク無料会員登録

検索

セミナーカレンダー

メールマガジン

登録したいアドレスを
下記に入力して登録するだけ!

セミナールーム

FACEBOOK

GMOとくとくポイント

Twitterはじめました。

ヒカルランド

 
ヒカルランドパーク > グッズ販売 > Anti Stress (アンチストレス)

Anti Stress (アンチストレス)


グッズ販売 > Anti Stress (アンチストレス)


Anti Stress (アンチストレス) Anti Stress (アンチストレス)
Anti Stress (アンチストレス) Anti Stress (アンチストレス)
商品名 Anti Stress (アンチストレス)

商品ID 20200122-01
オプション・個数をご選択ください
オプション
販売価格 3,240(税込)(内税円)
数量 [+] [-]
在庫数


砂漠の厳しい環境で生き延びた「羅布麻」の恵みで
ストレス社会に打ち克つ! その名も「アンチストレス」



◎プレッシャーを克服するためにはセロトニン補給を

残念ながら「ストレス社会」という言葉が
定着してしまった現代の日本。
問題の原因は様々あると思いますが、
人はストレス、すなわちプレシャーを感じると、
体内でノルアドレナリンというホルモンを産出して
これに対抗しようとします。

しかし、ノルアドレナリンを出しすぎてしまい、
かえって自分を攻撃する状態に陥ってしまうこともあります。
これが自己免疫疾患です。
そんなノルアドレナリンを抑制するのに
必要となる物質がセロトニンです。

セロトニンは日が沈むころに、体内でメラトニンという
別の物質に変換される性質を持ちます。
すると、次のような働きを体に与えてくれます。

◆快眠につながる
 ……寝付きにくい、眠りが浅い、寝起きが悪いを改善

◆リラックス効果
 ……落ち込んだり、イライラしたりといった、
 外からの刺激を防御し、気分の上下を緩和
 生理前の不安定な状態を安定化



つまり心身ともに安定して快適な毎日を送るためには、
セロトニンが鍵だということがわかると思います。
逆に上に挙げたことで日ごろ苦しんだり、
うまくいっていない方はセロトニンが
体内に不足しているということになるでしょう。



◎セロトニン豊富な羅布麻(ラフマ)がたっぷり

中国の砂漠地帯では羅布麻というセロトニンが豊富に含まれた、
キョウチクトウ科の植物が生育しています。
現地ではお茶として飲まれ、
ストレス緩和に一役買っていると言います。

また、羅布麻は薬草に関する中国古代文献『本草網目』
や『三国志』にも記述があるように、
古くから頭痛を治すといった用途にも使われてきました。

この羅布麻をベースに、血のめぐりに関係する
イチョウ葉エキス、カンゾウなどを配合して
「アンチストレス」は開発されました。

夕方2粒、夜2粒摂っていただければ、
自然な入眠への後押しとなるなど、
速やかに体感が得られると思います。

(摂る時間帯は自由ですが、メラトニンに変換する
セロトニンの性質を考えると上記の摂り方がオススメです)


このサプリメントに注目した
ヒカルランド著者でジャーナリストの上部一馬氏も
モニター調査を実施したところ10人中9人が
熟睡に効果を感じたと回答しています。



◎開発者・森昌夫さん

中国復旦大学上海医学院顧問教授や
康復医学学会理事長を務める。
また、和漢生薬研究所学術顧問、
ほかさまざまな肩書を持ち、
研究成果の学会発表、メディア出演、
全国で講演などを果敢に行っている。

特に脳に起因するトラブル、
霊芝が与える影響などについて
古い文献なども参考にしながら研究を重ねており、
そんな中で、セロトニンと出会い
「アンチストレス」を開発。


Anti Stress (アンチストレス)

●内容量:約7.5g(約250mg×30粒)
●原材料名:デキストリン(タピオカデンプン)、
 ラフマエキス(紅麻=キョウチクトウ科)、
 甘草エキス、イチョウ葉エキス、ビール酵母、結晶セルロース、
 ショ糖脂肪酸エステル、シェラック
●規格成分および含有量:1粒中ラフマエキス・35mg
●原料原産国:中国(厚生労働省の農薬基準をクリアした安全な原料を使用)
●加工国:日本
●使用目安:1日1〜2粒(気になる方は夕・夜2粒ずつ、
 1日最大6粒)を目安に、水またはお湯でお召し上がりください。

 

  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません

グッズ販売 > Anti Stress (アンチストレス)


ページ上部へ