セミナー・関連商品多数掲載中! ヒカルランド公式通販サイト 宇宙寺子屋HIKARULANDPARK(ヒカルランドパーク)


ヒカルランドパーク無料会員登録

検索

セミナーカレンダー

メールマガジン

登録したいアドレスを
下記に入力して登録するだけ!

セミナールーム

FACEBOOK

GMOとくとくポイント

Twitterはじめました。

ヒカルランド

 

氣力シール


氣力シール 氣力シール 氣力シール 氣力シール 氣力シール 氣力シール
氣力シール 氣力シール 氣力シール 氣力シール 氣力シール
氣力シール
商品名 氣力シール

商品ID 20201118-03
オプション・個数をご選択ください
オプション 種類
販売価格 (税込)(内税円)
数量 [+] [-]
在庫数


★ヒカルランドパーク特別価格でのご提供★


気功を知らなくても「氣」のパワーを体感できる!
誰でも古代言霊エネルギーの使い手になれるシール



◎貼るだけの刺激で十分!
 指圧のような働きで健康の維持・回復に



日本には古来、文字の音や形には心身によい作用をもたらす
特別な目に見えない力
が宿るとして、
さまざまな場面でその力が用いられてきたという
世界的にも類稀な文化が花開きました。

ホツマ文字、ヲシテ文字、カタカムナ文字……。
神代文字とも称される
これら古代文字が持つ不思議な力。
また、中国の易学に基づく陰陽思想から
生み出されたシンボルマーク――。

こうした言霊(ことだま)の力を手軽に使え、
健康維持や不調からの回復に役立つよう
シールにしたのが「氣力シール」です。

文字やシンボルそのものにパワーがあるため、
シールでも十分な力を発揮すると考えられます。

貼るだけの微小な刺激でも指圧の代用になり、
不調を感じる部位に貼るなど、
どなたでも簡単に使うことができます。

体のツボを知らなくても大丈夫です。
手足の爪や、耳の穴の横〜斜め上の平らな部分、
手足の合谷(親指と人差し指の骨がぶつかるあたりの内側)
などに貼ってみるのもオススメです。

また、お好きな場所や物など、
体以外の場所に貼ってもOK。

開発者の森昌夫先生のご厚意により、
リーズナブルなヒカルランドパーク特別価格での
ご提供となりますので、遠慮なく存分に貼っていただけます。



◎シールは3種類ご用意


【陰陽】
中国の易学で使われる陰陽思想を基に、
独自に開発されたオリジナルマーク。
陰と陽、月と太陽、女性と男性、
万物の消滅と生成を表し、身体のバランスを整えます。


◆使用例:体調の思わしくない部位や改善したい場所

【あうわ】
ヲシテ文字・全51字で描かれ、
神の座席図を表すとされる「フトマニ方陣円」。
その中央に位置する3文字で、
「あ」は天を、「う」は神の最初の一息を、
「わ」は地を表すと言われます。


◆使用例:特に活力や気力が弱くなっていると感じる場所

【つぼ】
「あうわ」同様「フトマニ方陣円」の一番真ん中の
壺のような文字。日本の最高神を意味し、
「ウ〜〜」という宇宙の音が与えられています。


◆使用例:体のツボやその周辺
 また、手足の爪や指と指の間の付け根の部分(水かき部)



◎メディア出演も多数! 生薬・微小循環研究の雄
 森昌夫先生が発表したスピリチュアルアイテム



霊芝をはじめ生薬の研究や、脳機能、
微小循環など膨大な健康に関する知識と理論を掲げ、
講演会やメディアでも活躍されている森昌夫先生。

これまで「光華」「アンチストレス」
「レイシセンダン葉のど飴」など、
めぐりを整えたり、ウイルスからガードする
アイテムを開発してきました。

森先生は中国での勉学時代に気功の修行にも取り組み、
気功師仲間と中国国内を市井の人にわずかな代金で
施術してまわる気功行脚を行うなど、
その豊富な活動から、実は中国の気功師の間では
名が知れ渡っているのです。

そんな気功にも精通している森先生が
体調も運気もパワーアップできる
スピリチュアルアイテムとして開発したのが
「氣力シール」なのです。


【森昌夫先生 プロフィール】

中国復旦大学上海医学院顧問教授や
康復医学学会理事長を務める。
また、和漢生薬研究所学術顧問、
ほかさまざまな肩書を持ち、
研究成果の学会発表、メディア出演、
全国で講演などを果敢に行う。
特に脳に起因するトラブル、
霊芝が与える影響などについて
古い文献なども参考にしながら研究を重ねている。



氣力シール

●種類:陰陽(10枚入り)、あうわ(1枚)、つぼ(1枚)
●共通サイズ:15.8mm×10.8mm


※ヒカルランドパーク特別価格でのご提供につき、
 商品および説明書に記載の価格とは異なります。

 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません
ページ上部へ